07: 「まずは、ハマってください。」

@Smartには、20種類ほどの機能(プログラム)があります。ユーザーさんによって、使用している機能は様々です。
色々な組み合わせで自社サイトに導入して頂いております。

しかし、この20種類の機能すべてをサイト内に導入するのは、非常に困難でしょう。
全てを使うとしたら、いったいどんなサイトになるやら私でも想像がつきません。

普通、サイトを構築する場合、まずは「このサイトで何をやるか、どう活用するか」を決めておかなければなりません。
「通販をやる」のか、「商品紹介をしながらユーザーの質問も受ける」、「会員制で運営するサイト」などなど。
その都度「やりたい事」が決まっていて、はじめて「さて@Smart機能のどれがあてはまるか」を考えるべきですよね。

例えば、「通販をやる」という場合、まずは、ショッピングカート機能が必要になるでしょう。
でも買い物をしてもらうだけで良いのでしょうか?商品の説明ページは、入りませんか?
また、商品に対する問い合わせを受けたり答えたりするページが必要かもしれません。これは、汎用フォームもしくは
Q&A機能が良いでしょう。
もし、新商品のニュースなどが頻繁にあるようならニュース機能を使うと良いでしょう。
サイトのアクセス数など解析したい場合は、アクセスカウンター・ログ解析を設置すると良いでしょう。
これだけの内容でもなかなかすごい内容のサイトですよね。合計5つの機能を搭載していますし。
日々の問い合わせに答えたりニュースを追加したり、アクセス数を見たり、ショッピングカートに商品を追加したり。
はじめてサイトを運営する人には、これだけの機能を埋め込んだだけで、管理・運営が大変な事でしょう。
でも、サイト内に簡単に埋め込めるだけではありません。これらのどの機能も非常に管理しやすくできています。
ショッピングカートの管理ページでは、売り上げ金額や申し込み者のデータがすぐ見れるし、
ニュースの追加も管理ページで原稿を打ち込むだけでHTMLの制作作業も入らないし・・・・あ〜なんて便利なんだろう!

実際に私もこれらの機能を使いサイトを運営・管理しています。それも4〜5サイト。
この@Smartの機能に慣れてしまえば、もう@Smart中毒間違いなしです。これ無しでは運営・管理が出来なくなってしまいます。
我が@Smartスタッフでも実際にサイトを作って運営管理している人間がいますが、もう@Smart中毒です。これがなくちゃ・・・状態。みんなサーバが@Smartであることが当たり前、前提となっています。

今の@Smartユーザーのみなさんも自覚がないまま@Smart中毒になっていることでしょう。
いざ、自社サイトでなんらかの企画をやる場合、「あ〜この機能で対応可能だよね、@Smartでよかった!」なんて会話が飛び交ってそうです。
いま、読んでいるあなた!サーバ選びで悩んでいるのなら、絶対この@Smartにすべきです。
まして、最初に言った「このサイトで何をやるか、どう活用するか」をもっているあなただったら、あなたのやりたい事が全てできる!といってもいいでしょう。(できない事もあるかもしれないケド・・・)
まずは、ハマってください。

boogie66

  index  
Home | ここがすごい! | 詳細 | Think @Smart | お問い合せ | お申込み | プライバシー・ポリシー |
www.at-smart.com    (C) 2000-2005, Smart inc. AllRights Reserved.
counter