ココがすごい! indexに戻る→
 プログラマーもサーバ技術者も不要!
 @Smart はあなたをバックアップする強力なスタッフです。


@SmartはHTMLを作れるクリエイターの方であればどなたでも、一切のサーバやプログラムに関する知識や技術、経験などなくても、カンタンに使いこなしていただけるようになっています。
機能によっても違いますが、大体次のようなカンタンな手順で導入できます。

【例1】フォーム機能の場合
準備: まず、サイトマネージャーから「ダウンロードコーナー」に入って、この機能の「マニュアル&テンプレート」をダウンロードします。
フォームの内容は全く自由ですので、ご自由な内容、デザインでページを作成してください。

手順-1: ページに機能を組み込む
ページに機能を組み込むには、必要なHTMLタグ数行をページに埋め込むだけでOKです。
手順-2: ページをFTPでアップロード
完成したHTMLファイルをFTPソフトでサーバにアップロードします。
フォーム送信後に表示させるページも別途で作って一緒にアップロードしておきます。
手順-3: 機能の設定
機能を組み込んだページデータ(HTMLファイル)をサーバにアップロードしたらサイトマネージャーで「設定」ページにGO!
アップロードしたページが未設定マーク(印)付きで自動的にリストアップされているので、それを選択すると「設定」フォームが表示されます。
あとは項目を埋めていくだけのカンタン設定。
パーミッション?telnet?.htaccessファイル??
@Smartではそんな知識も一切無用なのです。

設定完了!と同時にこの機能が稼働スタンバイです!


稼働後の管理: サイトマネージャーで「管理」ページにGO!
設定が完了した機能は自動的に「管理」ページにリストアップされます。
リストの中にある機能のどれかを選択すると、その機能の「管理」メニューが開き、
送信データの確認とダウンロード
アンケート集計状況の確認
ができるようになります。


【例2】共通パスワードによるアクセス制限
準備: パスワードによるアクセス制限をかけたいディレクトリをサーバの中に作るだけです。
そのディレクトリの中にあるHTMLにアクセスしようとするとパスワードを確認するようになります。
手順: 機能の設定
サイトマネージャーで「設定」ページに入り、メニューから「共通パスワードでのアクセス制限」
を選ぶと、自動的にサーバ内にあるディレクトリとファイルの全リストが表示されますので、
その中から、アクセスを制限したいディレクトリを選択し、ユーザーIDとパスワードを設定フォームに入力するだけで完了です。

これでそのIDとパスワードのセットを入力しないと、そのディレクトリ内のHTMLファイルは表示できなくなります。
(IDとパスワードのセットは複数設定することもできます)

時間にしてほんの1分もあれば設定できてしまうのです。
   index   
Home | ここがすごい! | 詳細 | Think @Smart | お問い合せ | お申込み | プライバシー・ポリシー |
www.at-smart.com    (C) 2000-2005, Smart inc. AllRights Reserved.
counter